TSB紹介

TSBについて

TSBは富山県で活動する英国式ブラスバンドです

英国式ブラスバンドって?

英国式ブラスバンド英国式ブラスバンドは、金管楽器と打楽器で編成されます。
弦楽器や木管楽器は入っていません。

ブラスバンドTSBは、英国式ブラスバンド(ブリティッシュスタイルブラスバンド)の編成で活動しています。

英国式ブラスバンドは、弦楽器や木管楽器を含まない、サクソルン属の金管楽器と直感楽器のトロンボーンと打楽器で構成される編成です。

日本では、「ブラスバンド=吹奏楽」と捉えられることも多く、実際に吹奏楽団を指して「ブラスバンド」ということや、学校の吹奏楽部が「ブラスバンド部」という名称になっている場合もあります。しかし、英語では「ブラスバンド」は「Brass Band」、「吹奏楽」は「Wind Band」で区別されており、まったく違うものとして認識されています。
時々、「TSBって吹奏楽団でしょ?」「フルートやクラリネットはいないの?」という質問もいただきますが、TSBは金管楽器と打楽器で編成される「ブラスバンド」なのです。

英国式ブラスバンドで使われる楽器やパートの詳細、特長、注目ポイントなど、詳細は「英国式ブラスバンドとは?」のページでご紹介します。詳細

TSBのあゆみ

1998年4月
富山大学応援団吹奏楽部(現 富山大学吹奏楽団)の金管奏者有志を中心に、富山工業高等専門学校、社会人の金管奏者が集まり、英国式ブラスバンド『The Sound of Breeze』として結成。
年1回の定期演奏会、とやま芸術パーク祭での演奏を中心に活動を開始。
1999年3月
第1回定期演奏会を開催。
2002年9月
初の北陸3県合同コンサート「北陸ブラスバンドフェスタ」開催。詳細
2005年1月
アンサンブルコンテストに初出場。
2005年4月
『The Sound of Breeze』から『Brass Band TSB』に改名。
2005年6月
富山支部 吹奏楽祭に初参加。
2006年9月
秋のコンサート「ブラス・イン・オータム」開催スタート。
現在
コンサートや依頼演奏など幅広く活動中。
TSBバナーTSBバナー
「Brass Band TSB」と、富山県の「立山連峰」と県の鳥「雷鳥」がデザインされています。

TSBの活動

定期演奏会

年に1回、3月に定期演奏会を開催しています。
ブラスバンドのオリジナル曲を中心に、民謡・童謡などどこかで聞いたことのある曲、吹奏楽やオーケストラからのアレンジ曲を演奏しています。金管楽器の華やかさを演出するマーチ、ブラスバンドの醍醐味のコラールなど、幅広い表現をお聴かせできるよう選曲しています。
また、ブラスバンドの魅力のひとつ、コルネットやユーフォニアムなどのソロ曲にもご注目ください!

ブラス・イン・オータム

隔年に1回(北陸ブラスバンドフェスタ開催年と交互)秋に演奏会を開催しています。
3月の定期演奏会とは趣向を変えて、Jazz・映画音楽・クラシック音楽のアレンジ曲など、「どこかで耳にしたことがある曲」を中心に構成したポップスコンサートです。
ブラスバンドのサウンドの新たな魅力をお楽しみいただけます!

北陸ブラスバンドフェスタ

隔年に1回(ブラス・イン・オータム開催年と交互)秋に、石川(ラフィネブラスバンドさん主催)・福井(九頭龍金管合奏団さん主催)で開催しているコンサートです。
英国式ブラスバンドは、日本では吹奏楽に比べ、全国的にもまだまだバンドの数が少ないですが、北陸では各県に英国式ブラスバンドが1団体づつあります。
北陸ブラスバンドフェスタは、皆様にブラスバンドを聞いてもらいたいという思いと各バンドの技術向上と交流のため、北陸のブラスバンド仲間の持ち回りで開催しています。個性豊かな各団体のサウンドと北陸のブラスバンドの熱さを感じられるコンサートです!
また、コンサートの最後には全団体合同のマスバンド演奏を行っています。約100人のマスバンド演奏の迫力は聴き所です!

その他、吹奏楽祭、トヤマ・パフォーミングアーツ・フェスティバル(とやま芸術パーク祭)、アンサンブルコンテストなどのイベント、依頼演奏など、幅広く活動しています。